登山用の下着は、肌に一番近くで触れ合うからこそ機能性で選びたい。

最近ではケーブルカーやリフト、ロープウェイなどで高い所まで軽装でも登れる山も増えてきました。そのため、市街地と同じ軽装のままで山に入る観光客も多く見かけるようになってきました。しかし、安易な格好で山に入るとケガや体力消耗による病気の原因になります。登山は時として命の危険を伴う恐れもありますので、しっかりとした装備が必要です。



登山用下着に最適な機能性下着!
男性下着
ハイキングや山歩きに、
汗を科学した蒸れない機能性下着


登山用下着の選び方

 

登山用の下着は肌に直接触れるため、体温調節や汗対策の点で考えても、登山の装備の中では非常に重要と言えます。

 

登山は歩いているうちに、運動と同じように徐々に体温が上昇して汗が出てきます。

 

汗の乾きが悪い下着だと、肌がべとつくことで不快になるばかりか、体温が奪われてしまい体力を低下させてしまいます。

 

山では汗対策が非常に重要になってきます。

 

登山中の汗でコットン生地の下着が濡れると、汗が乾かずに長時間冷たい状態が持続します。

 

山は気候や天候が変化しやすいため、汗で濡れた下着で体温が奪われてしまい体力も奪われていきます。

 

下着は吸水性が高く速乾性に優れたものを選び、季節に応じて重ね着(レイヤー)をするのが基本です。

 

コットン生地は肌触りが良いというメリットはありますが、汗で濡れると乾きにくいというデメリットがあります。

 

そのため、登山用の下着でよく用いられる素材には、ポリエステル、ポリウレタン、ポリプロピレン、アクリルなどが多く、吸湿性と速乾性を持った素材が主流となってきています。

 

つまり、汗をかいても不快にならず、体が冷えにくいという大きなメリットがあります。

 

ボクサーパンツはブリーフに比べると伸縮性が良く、脚を使う登山や山歩きには最適です。

 

登山の際の下着は、吸汗性に優れた機能性下着を選び、履き替えが可能なように替えの下着も複数枚は装備しておきましょう。

 

登山用下着は肌に触れ合うからこそ機能性で選びたい!

登山の装備は決して他力本願になってはいけません。
登山やハイキング用具の中で、最も重要な物は下着、靴、雨具の3点です。
自己管理もしっかりおこない、体調管理にも十分注意しましょう。
Ads by Sitemix